親父の威厳 日記編

子育て日記及び親父のつれづれ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖いお話。

2010.10.15 (Fri)

昨日。

飲みから帰ってくると奥様が一言。

「じょり子が、私の誕生日にパパは飲みに出るんだ・・・
とボソッと言ってたよ。」


・・・・オーマイガッ(T_T)

ただ、東京から来られる人からの厳命なんで逃げれないのよぅ
と言い訳しても駄目だろうな・・・

プチ旅行 IN 下関 2

2010.10.11 (Mon)

☆朝食
「朝食はこちらの部屋でご用意します。」って話で
朝食会場に行くが・・・

うん???先客がおられますが。
昨日の夕食どころの構造から云って一組だけだろと
仲居さんに部屋の確認をしてくれと奥様に促すが、

「昨日言われたんだから大丈夫でしょ。」

と取り合ってくれねぇ。
不安が残る中、JJが勝手に扉をあける。

が、不安適中。
何こいつら??と冷たい視線を浴びる中「すみません。」と
ゆっくり扉を閉める。

・・・・。

旅館に確認すると、朝食が要らなくなった人が何名か出て
急遽部屋割を変更したらしい。
まぁそりゃかまわんが事前に連絡ぐらいしろよ。ったく。

最後に、奥様に支払いが必要かどうかも覚えてない大ボケを
噛まされて不機嫌なスタートを切る。


☆海響館
9時過ぎに到着すると開園時間が9:30だった<テヘッ

が、・・・スゲぇ並んで待ってるよ^^;;
なんでだぁと思っていたら、各種イベントが先着順つーことで
それが原因。
そんな事とはつゆ知らず、家族全員でチケットを買い、家族全員で
最後尾に並んじゃった。
「失敗したね。」と奥様と苦笑い。
とりあえず、13:00からのペンギンとの記念写真だけ
なんとか権利を得た。
後のは昼以降になっちゃうんで、取れたにせよ、
どっちにしてもアウトだけど。

JJは相変わらず怖いようで、一人でさっさと歩き、野外にある
アシカ&イルカショーの会場でまったりタイム。
まだ、ショータイムまで時間がありガラガラですから。

そして、まぁ折角だからとJJを連れペンギン館をまわり、
アシカ&イルカショーにて奥様たちと合流し、館内を見て回る。

しかし、久々にショーを見ましたが何か感動が薄かったなぁ。
婚活を題材にして旬を取り入れてるんだけど、芸の中身は
変わんないですからねぇ^^;;

一旦外に出て昼食タイム。
今回、唐津市場にある喫茶で食べたんですが結構おいしくて。
料理については、非常に満足でしたね。

昼食後、市場で土産も買いこみ、再度、海響館にてペンギンとの
記念撮影をしてもらって日程終了。

まぁJJがちょっと可哀相な気もするが、姉ちゃんとママの誕生日
祝いなんで勘弁してなっ。

プチ旅行 IN 下関 1

2010.10.10 (Sun)

さて、今回は奥様の誕生日プレゼントを兼ねて下関へ。

前回、ペンギン館がOPENした海響館に行こうとしたのですが、
予想だにしなかった大渋滞に巻き込まれ、途中で断念して
門司に変更したという苦い経験がありました。
ですから、今回は一泊して朝早くから行こう!!と意気込んで
温泉のある宿をチョイス。
ただ、下関方面は少なくて、長門の湯本温泉にしようかってな
話もあったんですが、距離がちょっと遠いんで下関に決定。


☆北九州市立いのちのたび博物館
自宅を9時に出発し、一路下関を飛び越えて北九州へ。
ここのいのちのたび博物館には恐竜関係の展示があるんですよ。
恐竜好きのじょり子には、もってこいの場所。
けどねぇ・・・出不精の御姉様は

「ええー遠いから行きたくない・・・」

とか言い出しまして一悶着。
行かなかったら後悔するよ!との説得で重い腰を上げる。
我が娘ながらあきれてモノも言えん。
その癖、行ったら行ったで一番はしゃぐんですが。

今回もこのパターン。
まぁこうなる事は1,000%わかってましたけどね。
恐竜の骨格標本のレプリカや動物のはく製を堪能する。
JJは、相変わらず怖かったようで^^;;
でも、茅葺屋根の農家を再現している所で綿の紬をさせて
もらってたのは満足していたようでした。

ただねぇ。あちらこちら放浪しすぎてエンバイラマ館を
見過ごしてしまいまして・・・・
じょり子と二人で意気消沈(T_T)


☆海峡ゆめタワー
チェックインの時間まで?!時間があるとの事なので
タワーへ上ってみようとやってまいりました。
高いところ苦手なんですけどね・・・
しっかし、なんでエレベーターから外見れるようにすんだろね。
こちとら怖いんだから有難迷惑いいところ。

しかし、地上140mから見る景色は最高でした。
縁結びのナンチャッテ神社が要るのかどうかは甚だ疑問ですが。


☆ナビのボケぇ~~~
ホント、ホンダのナビなんとかならんのかね。
いのちのたびの時も駐車場の入口が書いているにもかかわらず
直進しろとノタマウわ、ゆめタワーからホテルへ行くのも
進行方向がちゃんと設定されてないのか逆方向へ誘導してUターン
しろって指示が出やがるし、使いもんにならんわ。<怒

ホテルへの道すがらJJが急に

「電車乗る!!」

と主張。
・・・・・もしかして・・・・
九州鉄道レトロ館覚えてんの???
行きそびれた時に急遽行ったんですよねぇ。
関門海峡渡ったんで、JJの中では行ってくれるものと
信じていたのかもしれません。

「まぁ明日、昼以降帰る予定だし、なんだったら寄って帰る?」

と提案すると女性人二人はソッコー却下する。
JJスマン。


☆ホテル
温泉なんだけどねぇ。
大浴場とかないんで、お風呂場で遊べなかったJJは
ちょっと不完全燃焼かも。
料理は、ちょっと奮発してフクづくしだったんですが、子供らが
食べる事食べる事。美味しいのは確かなんですが、流石にここまで
食べるとは思いませんでした。
フク刺し平らげてるしぃ。

そして就寝。

※1 フク
山口ではフグの事を「フク」と呼ぶ。
元々平安時代には「布久(フク)」とういう名称で登場。
江戸時代中ごろから関東で「フグ」と呼ばれ、この呼び名が定着。
フクと福をかけてって話もあるようですが、後で取ってつけた
ようです。

展示会

2010.10.09 (Sat)

今日はじょり子の入選した絵を見に展示会場へ。
他の作品なんかも参考にして上位を狙ってみても
面白いだろって事で。

で、贔屓目に見ても特別賞を受賞したモノと比べても
遜色は全くない。
ただ、全体的な感じとしては、メインどころの濃淡が
少し欠けていてのっぺりとした感じに見え、躍動感に
乏しく見えてしまう事が一点。
もう一点は構図がオーソドックス過ぎたのが、ちょいと
加点対象にならなかったのではと分析。
完成度は高いけど、ここは!!と人を引き付ける部分が
なかったのが痛かったんでしょうね。
当然会場には、他に入賞していた子供の家族も来ていましたが
結構じょり子の絵を褒めて頂いたのを横で聞いていたので
誇大な表現ではないですよ。<キリッ

ただ、ビックリしたのが絵が少ないって事。
美術館主催なんで、当然絵の割合が多いんだろうと思ったけど
実際には書道の展示が7割方占めている。
まぁ各学校や地域によりけりで、参加方法も違うんですけどね。

ともかく、来年は特別賞だぁ!
頑張れ!!じょり子。

目ジカラ2

2010.10.08 (Fri)

一緒にJJと風呂に入る。

最近、注意することが多いので、それに反抗して湯船で
何度も睨み返してくる。
こっちは普通に歯磨きしてるんですが。

ただ、わしの真似かぁと何の気なしに

「JJ。誰の真似?
 A : パパ
 B : 姉ちゃん」

と聞くと間髪いれず「B」との返答。

・・・・じょり子の方がいる時間長いもんなぁ。
あれもキツイからなぁ^^;;;

JJを自由奔放にさせてるから「何故私だけが・・・」
ってな感じでストレス溜めてるからわからないでもないんだけど。
平等が難しいからねぇ。

«  | HOME |  »

プロフィール

じょりー

Author:じょりー
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。