親父の威厳 日記編

子育て日記及び親父のつれづれ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の気持ち子知らず。

2007.04.09 (Mon)

相変わらずじょり子はライディーン。
JJはゲーム。
好きねぇって感じ。

◇◆◇◆◇

添い寝をしていると「背中を掻け!」と要望するJJ。
厚着させすぎなんだよな・・・と思っていると、未だに毛布をかけて寝ているじょり子も背中を掻いていた。

「かゆいん?」

と聞くと「背中を掻いてくれ。」とじょり子も言い出したので掻き掻き。
しばらくすると今度は服の上からではなく直接掻いて欲しいってさ。
寝転がって掻いていたんですが姿勢が悪くて手が痺れてくる。
体勢を直して寝るまで掻き掻きしてやろうと思っていると

「もう、パパいいわよ。自分で掻くから。」

って・・・もうちょっと言い方があるんじゃないの(T_T)
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

親父の解説

親父親父(おやじ)とは、一般的には、自分もしくは友人の父親を呼ぶ場合のくだけた呼称である。転じて自分の上長(ボス)や店などの主人のことを親しみを込めて呼ぶ呼称となり、さらには中年から壮年にかけての男性を親しんで、あるいは見下して呼ぶ語としても使われる。.w
この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

じょりー

Author:じょりー
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。