親父の威厳 日記編

子育て日記及び親父のつれづれ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年一族旅行回顧録3(8月15日)

2010.08.15 (Sun)

= 金毘羅さん =

一族旅行最終日は金毘羅さんへ。
車をどうしようか?
ホテルに置いといてもらう?
結構距離があるから、入口の方が良いんじゃない?
と悩んだ末、とりあえず車で金毘羅の入口まで行こうと出発。

その途中に駐車場があり、止められんかも・・・との思いで入るが、
ホテルよりと遠くなったんでそのまま置いておけば良かったのに
とか言いたい放題言いやがりまして。
まぁ弟ん所が小さい子供3人で帰り道が長いと子供ら対応が
大変だから出来るだけ近い方が良いというのはわかるんですが。
奥様も歩くの嫌いだし。

そんな文句を言われつつテコテコと歩いて金毘羅さんへ。
・・・・駐車場いっぱい空いてましたけどね・・・・
階段を上がる手前で、母親から孫連中全員に手ぬぐいを買ってもらい、
その店で杖を借りて本格的に出発。

しかし、天気良すぎだよな。
汗が次から次へと出てくる。
子供たちがバテなきゃいいけど。

そんな思いもあり、途中のカフェを一つの目標にし、こんまい連中と
弟やうちの奥様おいて、残りで本堂に行けばいいやと考えてましたが、
母親は端から孫連中全員をつれて上がる気満々で・・・
言うことききゃしねぇ。
で、知らない間に幼稚園年長組の姪っ子二人とさっさ行ってしまう。

残った他の姪や甥の面倒を見ていたが、流石に先行した二人の面倒を
母親だけで見るのはきついだろと、一人単身で追いいかける事に。

息を切らしながら、やっとこさ本堂に到着。
だが、母ちゃんの姿がいない。
あれ??と思っていると携帯が鳴る。

「奥の院まで行っているから、他のメンバーは本堂で待ってて。」

オイ、マジかよ!!と嫌になるものの、そのまま追いかけ、途中で合流。
一言二言文句を言ったんですが、

母曰く、どうやら勝手に進んでいたのは、このチビどもで・・・<爆

帰る道も二人で勝手にさっさと進む事進む事。
そして、それを制御するバァバ。

ママン。勘違いしてた。ゴメンなさい。

- 神椿 -
資生堂パーラープロデュースのカフェ「神椿」で一休み。
かき氷が食べたいと注文されていたA嬢でしたが、モダンな大人の
かき氷が出てきてしまったため「これじゃない!!」とハブてる。
屋台の美味しくなさそうな奴が良かったようで・・・
困ったチャンですわなぁ。
ホント妹も大変だぁ^^;;

- うどん -
さぁ昼はうどん食って帰るぞぉと階段を下りていく。

で、まぁ以前から表参道の店は美味しくないから別が良いんじゃない
と主張する奥様だったんですが。
「でも、J○Bからサービスでもらったウドン引換券どうすんだ?」
「別に使わなくてもいいけど、大移動してどこの店にするんや?」
と聞くと、店は考えていないし、疲れてるしって感じで、
しぶしぶうどん券が使える表参道の店に。
ただ、サービスってもなぁ基本のうどんだけなんで高々200円程度。
あってもなくてもっていいじゃんな感じなんで、せめて500円分
とかしてくれりゃいいのに。逆に足かせになるわ^^;;;

遅れている妹たちを待つ間、お目当てのお土産を売っているところが
あったんで、ついでにと買って外に出ると・・・・

なんで、また、かき氷なんだよ!!!!<激怒

飯を今から喰うというのに馬鹿かお前は。<弟

案の定、 大量にうどんを残した姪っ子達。
ワンコ蕎麦状態で食っていた義弟がかわいそうでした・・・・
味も大したことなかったし。

ただ、駐車場は大正解だったかも。
歩く距離はあったものの、屋根付きの所に止められたんで、
車の中が非常に快適でした。


= 金毘羅~自宅 =

奥様が車内からのビデオ撮影をしつつ瀬戸大橋を渡り帰路に。
上り方面は混雑していたものの下りは非常に快適。
尾道辺りから車は切れ目なくって感じだったが、常時100㎞/h以上
で運航出来ましたし。

ただ、西日が酷くて・・・・

腕が日焼けしまくって痛いのなんの。(T_T)
エアコンの風を当てておかなきゃ本当に熱くてやれんのですよ。
勘弁して欲しかったなぁ。
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

じょりー

Author:じょりー
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。